「怪じゅうが町にやってきた 」って、 どんな人形劇なのかな?

藤沢子ども劇場 第343回低学年例会

「怪じゅうが町にやってきた」

人形劇団プーク

 

2016年2月7日(日) 湘南台文化センター市民シアターホール にて上演予定です。

 

「怪じゅうが町にやってきた」は、

1929年(昭和4年)誕生の日本で最も永い歴史をもつ

人形劇団プーク さんの人形劇です。

 

新宿にやはり日本初!の人形劇専門劇場をもっています。

小さな子ども達の大好きなワンワンやがんこちゃんの故郷でもあります。

   

「怪じゅうが町にやってきた」は、1981年初演、1989,1998年と公演を繰り返し、

14年ぶりにまた再演される事になりました。

http://www.puk.jp/kouen.htm

ストーリー等は人形劇団プークさんのホームページをご覧ください。

 

再演に再演を重ねた人気のある舞台ですが、いつでも観れるわけではありません。

この機会を逃したら、再びの上演は子ども達が大人になった時かもしれません。

藤沢市近郊にお住まいの方は新宿のシアターまで行かなくても観られるこの機会をお見逃しなく。。

 

「グリフィンとこどもたちとの出会いは、年月を越えてまた楽しいものとなるでしょうし、グリフィンのおおらかな優しさはこどもたちの心の中に、幸せな記憶として深く刻まれることでしょう。」人形劇団プークさん  リーフレットより

 

2015年再演時のメイキング映像です。

お子様は舞台を鑑賞した後に見た方が良いかもですね。

メイキングは舞台を見てからと思われる大人の方は、後日どうぞ。

  


人形劇団プーク「怪じゅうが町にやってきた」2015年8月