読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

次回例会 民族歌舞団 荒馬座『あしたに向かって豊かに稔れ』

藤沢子ども劇場

藤沢子ども劇場 次回例会は、

藤沢子ども劇場 第345回 低高合同例会

民族歌舞団 荒馬座さんの

『あしたに向かって〜豊かに稔れ』です。

 

5月21日 土曜 開演5時

湘南台文化センター市民シアターホール

 

荒馬座さんは、1966年に首都圏唯一の歌舞団として東京板橋に誕生し、
「首都圏に民族文化の花を咲かせよう!」を合い言葉に、東京を始めとして千葉・埼玉・群馬・神奈川といった地域を中心に活動されています。詳しくは荒馬座さんホームページ をご覧ください。

 

民族歌舞団 荒馬座

  

事前交流会(←子ども劇場ならではの劇団さんに作品や子育てのお話を直接聞ける、なかなかない機会)で荒馬座さんの方のお話を聞くまでは‥

普通の太鼓の舞台だと思っていた私。。。

民族芸能とはなんなのか、もはや夏のイベントのような盆踊りにも

ご先祖様の供養の意味があるという事、ご先祖様がいて、沢山の命とつながっていて、これからも伝えていくという事、いろんな考えをもつ人々も、

踊りを通して一つになれる事。。

沢山の事を考えさせられる内容でした。

 

 演目は

第一部 未来は祭の輪の中に

両面踊り・獅子舞

荒馬踊り

中山太鼓

浜獅子祓い太鼓

 

第ニ部 あしたへ向かって

七頭舞(岩手県三陸沿岸・岩泉町)

虎舞(岩手県釜石市鵜住居町)

竿灯

秩父屋台囃子

 

 

 荒馬座さんホームページでも、

次回例会の案内があります。

「藤沢子ども劇場」低高学年合同鑑賞例会『あしたへ向かって』 - 民族歌舞団 荒馬座

 

例会に向けて、藤沢市各地で事前イベントや藤沢子ども劇場説明会が

開催されます。

ご興味のある方はお気軽にご参加ください🎀