読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空の村号⭐️取り組み

藤沢子ども劇場

2016年7月18日  

藤沢子ども劇場347回高学年例会

「空の村号」劇団仲間 があります。

低学年会員の私ですが、この月だけはダブル会費を払い、観に行きます。

昨年の劇団仲間さんの

「ぼくはアフリカにすむキリンといいます」は、

好評しか聞かないないぐらい好評で、あたたかく素敵な作品でした。

 

今度は高学年向けということもあり、

福島の美しい里山を変えてしまった原発事故、そこで暮らす

子ども達の成長の物語、、です。

 

それはもしかしたら、私達の町や村だったかもしれない。

汚染され、食べるものがなくなったら、、

いつ起こるかわからない地震に加え、人間の作り出したものによって、

人間の未来が危うくなるなんて、終わらない争いとともに、

悲しい現実です。

目に見えない汚染物質って、農薬やホルムアルデヒド

身近にも人間の作り出した怖いものがあるなーと思いました。

巷にあふれる人工的な香りも、過剰な除菌も。

 

循環型社会の江戸時代のようには戻れないにしても、

出来る事から環境や社会の事を考えられたら良いなと思います。

 

そこで!今回の取り組みは美味しい楽しいソーラー・クッキング🍳!!

 

お日様の力で、ガスも電気も使わないお料理です。

茅ヶ崎里山公園で毎月イベントをされている、

ソーラーハウスにしかわさんに、いろいろ教えてもらいました。

 

食材を持参すると、ソーラークッカーを貸してくださいます。

みんなで作ったお料理は、、

 

 

f:id:ekodomo:20160717054959j:plain

 ぐりとぐらみたい?フライパンホットケーキ🍴

 

他にも沢山、

目玉焼き、焼きおにぎり、とうもろこし、ウインナー、ピザ、焼き芋などなど、、

そして、にしかわさんの調理したお寿司やスープ、ラスクにケーキ♪

最後にいただいた茄子のゼリーは初めていただくもの。

どれもこれも、とっても美味しかったです。

 

お天気でないと中止になってしまうイベントですが、

寒い日は、温かいものが食べられて、最高です。

里山公園は、茅ヶ崎自然史博物館会員でもある我が家は、

自然観察会などでも良く行きますが、子どもの遊べる遊具もあり、

いろいろ楽しめるところです。

ソーラークッキングをやっている里の家と、

遊具のあるパークセンターの方までは、小さい子どもには大分遠いので、

谷戸の家で休憩&昔のおもちゃ遊びも良いかもです。

 

焼けるのを待つ間に子ども達は、

明治市民センターで借りた線量計放射線測定をしました。

3・11の直後、幼稚園のママが公園などで測ってくださっていた事を

思い出しました。

福島の村との比較をしたり、しばし考える良い機会でした。